« Java:CSVパーサを作る(その3) - RFC4180対応 後編 | トップページ | Mac OS X Server:Webサーバ設定の問題 »

Mac OS X Server:DNS設定の問題

【問題】
Mac OS X Server 10.4.x(Tiger Server)にて,設定ツール「サーバ管理」でDNSサーバBIND)の設定を行ったときに以下のような問題がありました。
注:この問題がLeopard Serverで改修されているかどうかは未確認です。

●設定が勝手に書き換わる問題
「サーバ管理」は,DNS設定を変更したあとで「保存」ボタンで変更内容を反映するときに,設定ファイルの内容やファイル名をチェックして,エラーと判断した箇所を書き換えているようです。
この機能は,間違った設定のままDNSを運用してしまわないための機能だと思われますが,一部正しいはずの設定をエラーと判定するケースがあるようです。
ここでは現在こちらで把握している不備の内容についてリストアップしたいと思います。

1)逆引き設定をクラスC未満にできない
クラスC未満の逆引き設定を行い,「サーバ管理」の「保存」ボタンを押すと,逆引き設定がクラスCに拡張して保存されてしまいます。

2)SPF設定が消える
SPFの設定は,ドメイン名に対してTXTレコードを割り当てて,そこに記述しますが,ドメイン名へのTXTレコードの割り当ては,「サーバ管理」は設定の誤りと解釈するようで,SPFの設定を行ったあとで「サーバ管理」の「保存」ボタンを押すと,SPFの設定をファイルから削除して保存されてしまいます。

●view設定がエラーになる問題
「view」はBIND9から追加された機能で,Tiger ServerのBINDも9.xなので当然使えるのですが,設定ファイルをviewを使って書き換えてBINDを起動し直すと,「サーバ管理」のステータス表示でDNSがエラー状態になってしまいます。

【対処方法】
設定が勝手に書き換わる問題については,「サーバ管理」による設定の更新を行わないようにするしかないと思います。「サーバ管理」による設定は,最初のドメイン設定ファイルの生成までにして,その後の設定はテキストエディタで直接設定ファイルを編集して「サーバ管理」からは設定は行わないようにします。「サーバ管理」は設定ファイルの書き換えを行ったあとのDNSの起動・停止でのみ利用します。
view機能の障害については,viewを使わないか,エラー表示に目を瞑るしかないようです。

■関連情報
Appleサポート:Mac OS X Server 10.4DNS サービスの概要
Apple Server 製品ドキュメント:ネットワークサービスの管理[PDF]
JPRS:DNS関連技術情報
OPENTECHPRESS:SPF解説

■関連書籍をAmazonで検索:[BIND/DNS][Mac OS X Server]
DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ 人気ブログランキングへ ←この記事が役に立ったという方はクリックお願いします。


|

« Java:CSVパーサを作る(その3) - RFC4180対応 後編 | トップページ | Mac OS X Server:Webサーバ設定の問題 »

DNS&BIND」カテゴリの記事

Mac OS X Server」カテゴリの記事

サーバ管理」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505963/41675651

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X Server:DNS設定の問題:

« Java:CSVパーサを作る(その3) - RFC4180対応 後編 | トップページ | Mac OS X Server:Webサーバ設定の問題 »